ラーメンの起源

ラーメンの起源は中国または日本の中華料理とされているが、現在の日本のラーメンは中国の麺料理文化とは異なる日本独自の食文化に発展している。 長い歴史の中で、日本の拉麺は中国に元々あった拉麺とかなり異なる進化を遂げており、中国・台湾においても日本食として認知されている。 昔と比べ、今では麺の種類は驚くほど豊富で、スープの味によってそれぞれに合う太さ、素材の麺を使用している。スープや具材だけでなく、麺自体にもしっかりとこだわりをもっているお店が数多くあり、手頃な価格で食べれる割に、奥の深い食べ物である。 「ラーメン」の語源は、中国北部の麺の一種「拉面(ラーミェン)」という説がある。中国語の「拉」とは「引っ張る」という意味で、拉面は蕎麦やうどんのように切り分けて長細い形にするのではなく、手で引っ張り麺の形を形成する技法で作られる(後述するが、日本のラーメンは引っ張って麺を作らない)。 ただしこのラーメンの拉面語源説には異説もある。一部の辞典などによっては老麺という漢字表記も見られるため、それが本来の表記とされることもある。老麺(ラオミェン)とは保存した古い発酵生地を酵母種として使用する中国伝統技法で、マントウや包子を作る際に用いる。中華麺はマントウのように酵母で膨らませる必要がないため、老麺法はラーメンに用いる技法ではない。 現代ではラーメンは通常カタカナで表記される。東アジア圏では日本拉面、日式拉麺と呼ばれている。日本においては、拉麺、柳麺と表記されたり、中華そばや支那そばなどの別名で呼ばれる場合もある。 長い歴史の中で日々進化し続け、味も具材も麺も数多くの種類がある。またラーメンは熱い食べ物という概念がなくなり、近年では冷たいラーメン、またつけ麺なども人気である。先日みたテレビではスイーツバージョンのラーメンを出しているお店があった。 ここまでくるとちょっとどうなのか、、とも思うがそれだけ認知度が高く国民に愛されている料理の一つといえるだろう。

Copyright ©All rights reserved.日本の麺文化について比較してみよう.