スパゲッティについて

パスタは日本でも親しみのある食材のひとつですね。子供から大人まで家族みんなで楽しめて、普段の食事からパーティーの料理までさまざまなシーンで愛されています。

 スパゲッティ(イタリア語:Spaghetti)は、「デュラム小麦」という黄色の色素を持つ小麦を特殊な製粉機で粗くひいた「デュラムセモリナ粉」を水で練り、細い麺状にした食べ物で、イタリアでは「粉と水を練ったもの」を「パスタ」と呼びます。

このパスタはまさしくイタリアでの「麺の総称」で、このうち「ロングパスタ(長い麺)」がスパゲッティなのです。日本におけるパスタの代表的存在であり、イタリアでも よく食べられるパスタのひとつである。スパゲティやスパゲティーと表記される場合もある。 イタリア生まれのスパゲッティは世界各国で愛され、子供から大人まで幅広い方々に食される料理です。

パスタの命は、シコっとした独特の食感ですが、このコシの強さは「デュラムセモリナ粉」独特の性質によるものです。
本場のイタリアでは、パスタにデュラムモリセナ粉を100%使用することを法律で決めているほどです。

デュラム小麦は、アメリカやカナダでも収穫されますが、やはりもっとも質がよいとされるのは、本場イタリアの穀倉地帯で収穫されたもの。そしてイタリアの地方に昔から伝わる最良の製粉技術は、「さすが本場」と世界じゅうが認めるところです。

日本では多くの製粉メーカーがパスタを製造していますが、同時に、本場イタリアや、アメリカなどの輸入も多く、たくさんの種類のスパゲッティを楽しむことができます 。

パスタ料理の肝心
「アルデンテ」という言葉を耳にしたことがあるかと思います。
このイタリア語「アルデンテ」は「歯ごたえのある」という意味です。
パスタ料理の第一歩はパスタをアルデンテにゆでることです。
パスタをアルデンテにゆでるためにまず必要なことは、「豊富なお湯」「塩加減」「ゆで加減」です。
特に「ゆで加減」は重要で、よく言われるのが「指定時間の1分前で止める」ということですが、茹で上げはお湯の量や塩加減、火力、更には「水質(硬質とか軟質とか) 」までもが影響します。
「ボイルオーバー(ゆですぎ)」にならないためには、時間を計ることと同時に、実際のゆで加減を確認しながらゆでることが大切です。
また、アルデンテのためには、パスタのゆであがりとソースの出来上がりを一致させることが大切です。
パスタはゆであがったけど、ソースがまだ。なんてことにはならないようにタイミングを合わせましょう。 初心者の方はむしろ先にソースを作っておいたほう失敗しないですむでしょう。

パスタとスパゲッティの違い
日本で「スパゲッティ」と呼ばれるものは「パスタ」の一種で、「ロングパスタ」と「ショートパスタ」に大きく別れます。
ロングパスタには「リングイネ」や「フィットチーネ」などがあり、ショートパスタには、ご存じ「マカロニ」も含まれます。
また「ラザニア」や「ラビオリ」なんかもパスタの一種です。

                 ◆◇◆◇  番外編  ◆◇◆◇

イタリア世界遺産

遺産名                            登録年         分類
ヴァルカモニカの岩絵群                  1979        文化遺産
レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」がある    1980        文化遺産
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会と
ドメニコ会修道院
フィレンツェ歴史地区                    1982        文化遺産
ベネチアとその潟                      1987        文化遺産
ピサのドゥオモ広場                     1987         文化遺産
2007
サン・ジミニャーノ歴史地区                1990        文化遺産
マテーラの洞窟住居                    1993        文化遺産
ヴィチェンツァ市街とヴェネト地方の
パッラーディオ様式の邸宅群               1994        文化遺産
1996
シエナ歴史地区                       1995        文化遺産
ナポリ歴史地区                       1995         文化遺産
クレスピ・ダッダ                        1995         文化遺産
フェッラーラ:                         1995         文化遺産
ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯        1999
デル・モンテ城                        1996         文化遺産
アルベロベッロのトゥルッリ                 1996         文化遺産
ラヴェンナの初期キリスト教建築物群          1996         文化遺産
ピエンツァ市街の歴史地区                   1996         文化遺産
カゼルタの18世紀の王宮と公園、ヴァンヴィテッリの 1997         文化遺産
水道橋とサン・レウチョ邸宅群
サヴォイア王家の王宮群                  1997        文化遺産
パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)           1997        文化遺産
ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレ及び小島群     1997        文化遺産
(パルマリア、ティーノ及びティネット島)
モデナの大聖堂、トッレ・チヴィカ及びグランデ広場  1997        文化遺産
ポンペイ、エルコラーノ及び                1997        文化遺産
トッレ・アヌンツィアータの遺跡地域
アマルフィ海岸                        1997        文化遺産
アグリジェントの遺跡地域                  1997        文化遺産
ヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレ            1997        文化遺産
スー・ヌラージ・ディ・バルーミニ              1997        文化遺産
パエストゥムとヴェリアの古代遺跡群を含む      1998        文化遺産
チレントとディアノ渓谷国立公園と
パドゥーラのカルトゥジオ修道院
ウルビーノ歴史地区                     1998        文化遺産
アクイレイアの遺跡地域と総主教聖堂バシリカ     1998        文化遺産
ヴィッラ・アドリアーナ(ティヴォリ)            1999        文化遺産
エオリア諸島                          2000        自然遺産
アッシジ、聖フランチェスコ聖堂と関連遺跡群     2000        文化遺産
ヴェローナ市                         2000        文化遺産
ティヴォリのエステ家別荘                  2001        文化遺産
ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々     2002        文化遺産
ピエモンテとロンバルディアのサクリ・モンティ     2003        文化遺産
オルチア渓谷                         2004        文化遺産
チェルヴェテリとタルキニアのエトルリア古代都市群 2004        文化遺産
シラクーザとパンタリカの岩壁墓地遺跡         2005        文化遺産
ジェノヴァ:レ・ストラーデ・ヌオーヴェ と         2006        文化遺産
パラッツィ・デイ・ロッリ制度
マントゥアとサッビオネータ                 2008        文化遺産

イタリアランゴバルドの紀元568年-774年の繁栄を伝える地域 2011 文化遺産

アルプス周辺の先史時代の湖上住居遺跡群 2011 文化遺産

ドロミーティ 2009 自然遺産

サン・ジョルジョ山 2010 自然遺産

ヴァチカンの全世界遺産

遺産名                             登録年        分類

ヴァチカン市国                        1984        文化遺産

イタリア・ヴァチカン共通の全世界遺産

遺産名                             登録年        分類

ローマ歴史地区、教皇領と                 1980        文化遺産
サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂         1990

Copyright ©All rights reserved.日本の麺文化について比較してみよう.