パスタの起源

パスタの起源についてはこれまで様々な学者たちが解明に乗り出してきました。

現在までに発見されたヨーロッパで最も古いパスタの遺物は、チェルヴェーテリで紀元前4世紀のエトルリア人の墓から出土したものである。
 最も古い麺類の遺物は、中国青海省民和県の喇家遺跡で見つかったおよそ4000年前のものであり、麺類という意味ではイタリアよりも中国の方が起源が古い可能性が高い。
 マルコ・ポーロが中国から麺類を伝え、イタリアでスパゲッティが作られた逸話が語られる場合があるが、歴史的事実に基づかない俗説である。

パスタのルーツには諸説あるようで、実際にはいまだ解明されていない。パスタ自体も元々長い麺状であったのか、はたまたラザニアのようなものが始まりだったのか。現在では当たり前のように各家庭にある食材ですが、まだまだ未知な部分が多い食材なのです。

Copyright ©All rights reserved.日本の麺文化について比較してみよう.